ヘラクレスオオカブトを幼虫から飼育して気づいた4つの注意点

カブトムシ・クワガタ

ヘラクレスオオカブトを飼いたい!というのは昆虫好きの子どもの夢ですが、成虫を買おうと思うとその価格に驚きます。ヤフオクでは比較的安く購入できますが、それでも安くはありません。幼虫なら、なんとか手が出せる価格です。

そんなわけでわが家では、以下の3令幼虫を Amazon で購入して育ててみることにしました。


ヘラクレスヘラクレス3令幼虫ペア+今ならカブトムシ専用マット10L1袋付

2018年8月末に購入したので、2018年5月頃に孵化した幼虫と思われます。
これが、2019年7月頃にサナギになり、8月になって無事羽化しました!(トップ画像)

ただしオスは小型ながら何とか成虫になったものの、メスは失敗してしまいました。

ここでは、生育してみて注意が必要だと思ったことを紹介しておきたいと思います。

温度管理が難しい

ヘラクレスオオカブトの産地として知られるクアドループの気温を調べると、1 年を通して気温は 20 ~ 31℃ほどで、18 ℃以下になることや 32 ℃を超えることはほとんどありません。このため、日本で育てる場合には、冬は低温にならず、夏は高温を避けられる環境を用意する必要があります。

さいわい、わが家は年中 20~26 ℃の部屋があるのでそこを利用しましたが、いい場所がない場合は以下のサイトが参考になります。

クワガタ・カブトムシの冬場の温度管理!エアコンを使わない方法! - 月虫

冬越しが難しそうな場合は、暖かくなってから成虫になる直前の幼虫を購入するのもお勧めです。

オフシーズンはマットの入手が困難

昆虫マットは夏はホームセンターなどで購入できますが、冬になると店頭に置かれていません。

ネットでも入手困難になったり割高になったりし、必要な時にマット交換をスムーズに行うことができないことがありました。できる限り、早めに、多めに用意しておくことをお勧めします。


送料を考えると、yodobashi.com もお勧めです。

コバエの対策に注意

幼虫飼育は長期にわたるため、コバエが発生するとやっかいです。特にキノコバエは小さいすき間からも脱走しやすく、室内飼育では家族に迷惑がかかるので、徹底した対策が必要です。

マットの水分が多すぎると発生しやすいようですが、冬はマットの乾燥にも注意が必要なので、酸欠にならずに保湿しやすい大きめのケースで飼育するのがお勧めです。

発生してしまった場合、初期にマットの上に次の粘着式ハエ取りを置くと増殖を抑えることができます。


マットを全交換してしまうのも手ですが、わが家では完全に排除することはできませんでした。

室内飼育で脱走を完璧に防ぐには、上記に加え、ケースを百均で買える目の細かい洗濯ネット(大)に入れておくこともお勧めします(できれば二重)。

参考:クワガタ飼育でコバエの脱走を防ぐ方法

羽化のタイミングに注意

上記のように飼育していると、羽化のタイミングが観察しにくくなります。通常は飼育ケースの底に蛹室をつくりますが、わが家で飼育した個体には見えないところに蛹室をつくった個体がいたので、タイミングがわかりにくいことがありました。また、オスよりメスのほうが羽化が早い傾向があるので、ペアを同時に購入して飼育する場合はその点にご注意ください。

成虫になったときにエサがなくて餓死することがないよう、こまめに観察し、できない場合はエサを置いておくことをお勧めします。

寒いなか、気持ち悪いハエが湧いたり劣化したりしているマットを交換するのは楽しい作業ではありませんが、無事かっこいい成虫に育ったときには子どもが大喜びすること請け合いなので、がんばりましょう。

ちなみに成虫の色は、図鑑で見る色と違い、黒色になっていることがあります。これは湿気が多いためなので、白っぽい姿をみたいときは乾燥した環境で飼育するようにしましょう。すぐに色が変わります。


タイトルとURLをコピーしました